【イギリス大学院】出願先大学院選び

出願

今回は、イギリスの大学院へ出願するにあたって、
どうやってわたしが大学(コース)を選んだのかについてお話しします。

私の場合、「研究というよりは実践を重視して翻訳が学びたい!」
という割と明確な目標がありました。

はじめのうちは自力で調べてみたりしていましたが、
イギリスのことも、イギリスの大学制度のことも
よく知らなかったので難航しました。

そこで留学エージェントさんのサポートに申し込み、
カウンセリングを通していろいろと情報を得ました。
(ちなみに私がお世話になっているのはbeoというエージェントです。)

大学院のコース選びに際して、以下の点をお伝えし、
候補となる大学をピックアップしてもらいました。

・修士1年間の留学
・翻訳が学べるコース
・学問としての翻訳学ではなく、実力を付けたい
・翻訳支援ソフトの使い方など、仕事で使えるスキルをつけたい

都市などは特にこだわりがなかったので、
場所に関わらずいろいろな大学を提案していただきました。

その中から条件に合わない大学(私の場合、映像翻訳専門のところとか)
を除外しました。

そうして候補の大学を4つくらいに絞ったあと、
一つずつコースの中身などを吟味して、志望順位などを決めていきました。

コースの詳細は、各大学のホームページをみて情報を得ます。

・学費
・必要な学力条件(学部の時の成績)
・必要とされるIELTSのスコア
・学べる内容と方針
・必須および選択科目のラインナップと内容
・修士論文かそれに代わる翻訳課題かを選べるか

などなど調べてみると、
同じ翻訳のコースでもそれぞれの特色が見えてきます。
実践向けだったり、教養の側面が強かったり、ビジネスまで学べたり…
といった具合です。

最終的には自分がとても魅力に感じた大学と、
IELTSなどの条件があまり厳しくなく合格できそうな大学など
を合わせて4校に出願しました。

もしかすると分野によって出願先選びに違いがあるかもしれませんが、
私は上記のような流れでした。

もしイギリスの大学院への留学をお考えの方がいらっしゃいましたら、
参考にしていただければ幸いです^^

タイトルとURLをコピーしました